Web制作におけるphpとjavaの必要

Webを用いたビジネス戦略の展開やマーケティングが常識的に行われるようになってきたことから、プログラムを組み込んだWeb制作に対する需要が高騰しています。これまで、Web制作におけるプログラミングの主流はphpを用いたものであり、習得の容易さも相まって多くのプログラマが行うことができるようになっています。

一方で、そういったWeb制作の必要性が一般企業においても高まってきたものの、一般企業においては高度なプログラミングを行える技術者を抱えていないことが多く、外注を利用するケースが増えてきています。
こういった背景から、フリーエンジニアとしてWeb制作を担うという道を歩む人が増えてきました。

企業としても、専門業者に依頼するよりも安価に制作を行ってもらえることからフリーエンジニアを起用する傾向が強まっています。
しかし、実際にそれを仕事の中心としてフリーエンジニアとして稼ぎを上げていこうとすると難しい状況が生じてきています。
phpのみでなく、javaの必要性が高まってきたからです。

より高度なWebプログラムを作成できるということから、募集の時点でjavaによる開発経験が必要とされる場合すら生まれてきました。
phpは扱える人材が多いことから、仕事の獲得競争も激しいという側面もあります。
そのため、Web制作をメインとしていくためには、エンジニアはjavaの習得も行って他者に差異をつける必要が生まれてきているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>